蓮池商店は、調味料・乾物のほか食にまつわるものを取り扱う商店です。
なぜ私が商店をはじめようと思ったか? 理由はふたつあって、


ひとつは使う人に、私から『良い食材の・良い使い方』をお伝えしたいなと思ったから。
豊かに暮らしたいと思っている人に、直接良い食材や道具の選び方・使い方、美味しくて体に良いもの、料理する喜び、楽しさをお伝えしたいから。

そしてもうひとつ。
調味料、昔ながらの乾物や漆器などの器の使い手を増やして、作り手を支えたいなとの思いから。
作り手を支えることは、日本の食文化を支えることでもあります。
これは、ただのお節介なのかもしれません。そして文化を支えるなんて大げさかもしれません。
それでも、やってみようと思います。
楽しみながら、朗らかに、おおらかに、ドキドキですがはじめます。


はじめは店舗を構えるのではなくて、調味料のワークショップやお料理教室を色々なところで開催させていただきながら、調味料や乾物などをお伝えし販売していく予定です。
ワークショップのテーマは味噌、醤油、酢、みりん、豆や米などさまざま。
そして約2年かけて20ほどのテーマまで増やそうと思ってます。
自分自身の暮らしを大事にしながら、私にできることをコツコツやってみたいと思います。
共感いただける方は、ぜひご一緒に。

※タニマチとは、「贔屓筋」「支援者」の意。食のタニマチを目指します。

 

蓮池 陽子 Yoko Hasuike
料理家 フードデザイナー
東京 雑司が谷出身。ビストロ勤務の後、料理教室で料理・製菓講師を務める。その後アウトドアで山菜や貝などを採取をする中で、おいしい物の背景には“美しい自然”や“沢山の物語”があることに開眼。現在は「食の物語を紡ぐしごと」をコンセプトにケータリング・料理教室、フードコーディネート、メニュー開発、執筆などを行っている。

​→Official Site [Atelier Story]

Produce by Atelier Story | CONTACT

© Atelier Story